「歯科」の記事一覧

歯を長々と保持するには…。

歯科

歯の表面にプラークがへばり付き、それに唾の中に入っているカルシウムをはじめとしたミネラルといわれる成分が付いて歯石が生まれるのですが、その理由はプラークそのものなのです。ビオラ社のエムドゲイン剤を歯周外科の治療実施時に塗・・・

口内炎の程度の重さやできた部分によっては…。

歯科

睡眠をとっている間は分泌する唾液量が格段に少量で不足するため、歯の再石灰化機能が働かないため、phバランスの悪い口の中の中性のバランスをそのまま維持することが困難だとされています。歯垢に関して、一体あなたはどれくらい把握・・・

在宅医療で歯科衛生士が要望されるのは…。

歯科

長いこと歯を使用し続けていると、表層のエナメル質は気付かない内に傷んでしまって脆くなってしまうので、なかにある象牙質の持つ色が少しずつ目立つのです。自宅訪問する歯科診療の事例では、処置が終了してからも口中をケアしに、定期・・・

歯を美しくすることを中心に据えているので…。

歯科

審美面でも仮歯は効果的な使命を担っています。両方の目と目を繋ぐ線と前の歯の先端部が直線でないと、まるで顔全体がゆがんでいる印象を与えます。口内炎が出る引き金は、ビタミン摂取が不十分なことがその内の一つなのは確実ですが、各・・・

人工の歯の出し入れが可能だということは…。

歯科

虫歯にならないためには、歯みがきばかりでは困難で、主点はこの虫歯を引き起こす原因菌を絶やすことと、虫歯の悪化を防ぎ止めるという2つの留意点なのです。虫歯に端を発する知覚過敏は、虫歯は相当病状が深刻化していると見なされ、ず・・・

自分でさえも気づかない間に…。

歯科

さし歯の根の部分が割れてしまったら(歯根破折・しこんはせつ)、もうそれは二度と使えない状態です。その約90%を占めるケースの場合では、歯を抜く事になってしまいます。自分でさえも気づかない間に、歯には割れ目がある事態もある・・・

このごろは医療の技術開発が前進し…。

歯科

歯を末永く存続させるには、PMTCは大層重要なことであり、この事が歯の治療の後の状態を長々とキープできるかどうかに、大きく影響を与えるのも確実な事です。デンタルクリーニングを受けるのは、歯周病の菌の活動を抑制する効果のあ・・・

昨今では医療の技術開発が著しく進展し…。

歯科

歯のかみ合わせの不調は、顎関節に痛みを伴う顎関節症の主因のひとつではあるけれども、それとは異なった病根が存在すると言われるように変わってきたのです。甘いもの等を大量に食べたり、歯ブラシでの歯みがきを手を抜いて行うと、歯周・・・

歯を長期にわたって維持するためには…。

歯科

プラークが歯表面に集まり、その部分に唾液にあるカルシウムを始めとするミネラルといわれる成分が付着して歯石ができますが、それらの発端は歯垢にあるのです。上の親知らずは下と比較して、麻酔による効果が有効なため、抜歯をする際も・・・

患者の希望する情報の公表と…。

歯科

口腔内に矯正装置を取り付けて、歯に一律の圧力を継続的にかける事で人工的に正しい位置にずらし、異常な噛みあわせや歯並び等を治す手段が歯列矯正と呼ばれる治療法です。長々と歯を使っていると、歯の表層であるエナメル質は徐々に傷ん・・・

糖尿病の側から判断して鑑みると…。

歯科

例え成人になっても永久歯はむし歯にかかってしまいますが、乳歯はその構造上、永久歯に比べると酸への耐性が頼りないため、毎日の歯磨きをいい加減にすると、乳歯に生じたむし歯は容赦なく深刻になってしまいます。一般的な唾の作用は、・・・

ページの先頭へ