せどりというのは、本やCD、DVDなどを安く仕入れて別の場所で高く売って儲けを得るしくみのことです。

仕入れは主にBOOK・OFFが中心という方が多いのではないでしょうか。

中にはネットで仕入れる方もいるそうです。ネットで仕入れと売却を行うことを電脳せどりと言ったりもします。

一昔前は、せどりもやっている人が少なくBOOK・OFFに行っても高額本が100円コーナーにたくさんあったものです。

インターネットの普及により、せどりが一般化していくにつれて、儲けがとても出にくくなってしまいました。

100円コーナーをバーコードリーダーを使って片っ端から調べていく強者も頻繁に見るようになり、当然その後にはしばらく良い条件の本は入りません。

最近はせどりもかなり厳しい状態なのだと思います。

 

やはり、たくさん儲けることができる人は情報を早くキャッチして人よりも早く行動しているのでしょう。

関連記事

    None Found