ムダ毛が濃いとは

自分の腕の毛や足の毛を気にし始めたのはいつですか?
多くの人が初恋などを経験して、
初めて彼氏彼女が出来る中学1~2年のころではないでしょうか。
男性は変声期などの第二次成長を迎え、女性も体つきに丸みが出たりの第二次成長を迎えます。
それに合わせ今までは産毛程度だった腕や足の毛が、妙に主張を始めるます。
うちの家系はみんな体毛が薄く、腋毛を剃るのは知識として知っている程度で、
母も姉も体毛に悩んでいるそぶりが全くありませんでした。
そこで突然変異のように現れる私なのですが、
これは父方の遺伝子を多く引き継いだためでしょう。
なんで?っていうくらい肌質から髪質まで全く母にも姉にも似ておらず、
全てが父親になのです。
父はダンディーに髭もはやしているタイプで、
言われてみれば毛深いのですが、男性なのでそれが気にならないのでした。

女の子の父親にの辛さ

父に生き写しのような私。
普通男の子は母親に似て、女の子は父親に似るのが美男美女の碇石だといわれています。
しかし、顔立ちだけでなく体質まで似てしまったところ、
とっても毛深いというおまけまでついてきてしまいました。
今でこそ毛深いなら脱毛したら良いだけだといえるのですが、まだ中学生のころには、
永久脱毛とかレーザー脱毛という存在をしりませんでした。
そのため剃刀で毎日のように処理をしていたのでした。
初めて剃刀を当てた時の肌の滑らかさには驚嘆しました。
毛のない肌が、こんなに滑らかですべすべして素晴らしいものだとは思いもよりませんでした。
しかし、何度か剃刀を繰り返すうちに、
そんなに肌が強くないためすぐに肌荒れを起こしてしまいます。
剃刀の後は保湿クリームを塗るなどのお手入れが大切なのを知るのは、
またしばらく後の話になります。

そんな私のおすすめがこちらです⇒ 小学生 毛深い

関連記事