夏になると紫外線が強くてつい縁日焼け止めを塗り忘れてしまうと一気に肌が真っ黒になってしまいますよね。
その時に怖いのがシミです。
いちどシミができてしまうとケアするのは結構大変です。
事前の対策がとても重要となってくるわけです。同様にそばかすも同じことが言えます。
そばかすは遺伝が原因と言われますが後発的にできるそばかすもあります。
そのようなそばかすはシミと同じような感じと思ってもらって結構です。
そんなシミやそばかすの対策はどのようにすればよいのでしょうか?
実は、シミもそばかすも対策は同じなのです!
そばかすが出来るの多くの原因が遺伝性であります。
また、子どものころからあるものなのでセルフケアでの解決は難しく、クリニックなどでの治療が必要となります。
しかしながら、そばかすを今以上に濃くしないためのケアを行うことは可能です。
どう、ケアすりかというと、具体的な対策法を紹介します。

1番重要な事は必要以上に紫外線を浴びない事です。
そばかすができる原因として1番大きな要素があるのが紫外線になります。
紫外線を浴びることによりそばかすが濃くなっていきます。
それにシミを作り出すメラニンも紫外線の影響によるものです。
シミやそばかすをケアするためには絶対的に紫外線対策を行うのは常識のレベルです。

ビタミンを積極的に摂る

紫外線を浴びない以外にシミそばかすのケアをする方法としてビタミンCを積極的に取ることが重要となります。
ビタミンCにはメラニンの定着を防ぐ効果があると言われております。
それにビタミンEには新陳代謝を活動的にしてお肌のターンオーバーを活発化させ代謝を高めます。
それだけではなくビタミンAにはお肌の老化に天敵の活性酸素を取り除く効果もあります。
ビタミン類は全体的にシミやそばかすだけではなく美しい肌は絶対必要不可欠な成分と言えるでしょう。

肌に刺激を与えない

あととても重要な事は肌に刺激を与えないと言うことです。
シミをつくるメラニンは刺激によって増えてしまうこともあります。
メラニンは本来、お肌を守るために作り出される物質です。
刺激を受けることにより肌を守ろうとする防御本能が働き、メラニンが作り出されちゃうというわけです。

必要以上にメラニンを生成させないためにも、
紫外線を浴びないことと刺激を与えないことかぁ重要になります。
マッサージや洗顔を行うときの注意として優しく行うことが重要になります。

この3つのケアをすることによりシミ対策に直結します。
しかし家をすればすぐにシミ、そばかすが消えるわけではありません。
毎日しっかりとケアをするのと同時にシミやそばかすを作らない環境を作るのも重要になってきます。
毎日コツコツお肌のケアをしていくことが大切です。

フレキュレルについて、私が参考にしたのはここです⇒フレキュレル 口コミ

関連記事


    サエルはホワイトニングに特化したスキンケア商品です。 参考はこちら→ サエル ccクリーム 特許取得のヴァイタサイクルベールは荒れた角質に出来た隙間から侵入する 外部刺激から角層の代わりに肌をサポート…


    肌の角質層には水分を保持したり、アレルゲンや紫外線からお肌を守る機能が備わっています。 そのため、正しいスキンケアをして角質層が健全であれば、乾燥肌に悩まされることはないのです。 乾燥肌はそういった水…


    カゼインナトリウムは、増粘剤や保湿剤として化粧品に使われる成分ですがアトピスマイルには含まれていません。 そのため、アトピスマイルは牛乳アレルギーを持っている人にも使えます。 また、アトピスマイルには…


    >荒れた肌のスキンケアをする目的で化粧水、 美容液といった基礎化粧品を使うのならば、お手頃な価格の商品でもOKですから、 配合された成分が肌全体に満遍なく行き届くように、景気よく使うことをお勧め…


    ネットで見つけた良さそうに思えたスキンケア法を真似して私も毎日の肌の手入れをしています。 スキンケア法とは言っても特に難しいことではありません。 難しかったり、時間がかかったりするものではいくら良さそ…