外壁材にはさまざまな種類があり、どの外壁材を選んだかによって家の見た目の印象は大きく左右されます。
そこで家の新築やリフォームを考えている方のために主な外壁材の種類と特徴をご紹介します。
外壁 種類

窯業系サイディング

セメントや繊維質が主な原料で、成形の自由度が高く、タイル調や石積み調など見た目のバリエーションが豊富に用意されているのが特徴です。
ニーズに合わせて様々な価格帯が用意されていることから現在主流の外壁材となっています。

金属系サイディング

鉄やアルミニウム、ステンレスが主な原料で、すっきりとしたモダンな見た目に仕上がるのが特徴です。
窯業系サイディングと比較して見た目はやや無機質ですが、断熱性・耐久性などの実用面で優れており、メンテナンスの回数も窯業系に比べて少なく済みます。

ALC

軽量気泡コンクリートを用いた外壁で、かなりシンプルな外観に仕上がります。
初期費用やメンテナンス費用は高くつく傾向にありますが、断熱性・耐火性・遮音性が高く、実用面で見れば最も優れた外壁材といえるでしょう。

タイル外壁

粘土や石材などの天然原料から作られており、重厚感・高級感のある見た目に仕上がるのが特徴です。
初期費用は高いですが、耐久性・メンテナンス性に優れており長期間にわたって見た目の良さを維持してくれます。
どの外壁材にもそれぞれのメリットがありますが、見た目重視の方はタイル外壁・窯業系サイディング、実用性重視の方はALC・金属系サイディングを選択するのが良いでしょう。

関連記事